伊勢志摩サミットイメージ

伊勢志摩サミットにおいて、各国首脳に記念品を贈呈しました。

2016/07/25

2016年5月26日から5月27日、

三重県志摩市賢島「志摩観光ホテル」で開催されたG7伊勢志摩サミットにおいて、

参加国首脳に対し、福井県若狭地方特産の伝統工芸品である「若狭の塗り箸」12膳を、

外務省を通じて贈呈しました。

寄贈した箸について

自社製の携帯用塗り箸〔品名「八四郎(はしろう)」〕と、

専用ケース〔品名「巧クラフト(たくみくらふと)」〕、

専用箸置きのセットです。
携帯用塗り箸の木地は、黒檀(ならびに紫檀)。

国産の漆を何度も塗り重ねて仕上げています。

携帯用塗り箸の表には「G7 Ise-Shima Summit」の文字、

裏面には各国首脳等の名前を刻印しています。

また専用ケースには、伊勢志摩サミットロゴマークを刻印しています。

-NEWS

この記事をシェアする!