「お箸を持つ・使う」=「生きる力」

2016/11/07

よく「お箸が正しく持てなくても生きていける」
なんて言葉を耳にします。
お箸が持てないからお腹が空く、
ということもないのでその通りなんですが・・・

文部科学省は指先を使うことを「生きる力」として、
幼児教育の主眼にしているそうです。
ところが最近、紐が結べない・お箸が使えない子供が
増えてきているそうです。

【子育てが危ない】ひも結べない、箸使えない& 園児の「生きる力」生活技能が低下 文科省が「幼稚園教育要領」を改善へ
幼稚園に通う子供たちに、日常生活の技能の低下が起きている。ひもをうまく結べなかったり、箸を正しく使えなかったり&。文部科学省が幼児教育の主眼とする「生きる力」を&

様々なものが便利になっていく現代。
ひもを結ぶ作業は子供には難しいから・・・と
手間のかからないマジックテープやスナップボタンなどに
なってしまいがちですが、ひもやお箸も成長に合わせて
少しずつ練習していけたら良いですね。

-箸関連記事
-, , , , ,

この記事をシェアする!